ママの治療

ちょっと恥ずかしいけれど、産後って痔になりませんか?

ちょっと汚い話(?)になるのですが、産後って痔になる人多いんです。


肛門って産道と近いですから、自然分娩だと余計なりがちです。


また便秘症だったりすると、痔になりやすかったりしますよね。


それに、妊娠中は便秘にもなりやすいですしね。



■漢方治療中に痔が悪化して・・・

産後、トイレの時に痛むことがあって、もしかして出産時に切開したところかなぁ・・って思っていたんですが。


産後の検診でも切開した傷口はきれいに治っていますよと言われていたので、もしかしたら痔なの?かもと思いました。


そういえばトイレの後、少量の出血もあるし、実際排便しにくいし。


でも病院に行くのも恥ずかしいし、どこに行けばいいのかなぁ・・って漠然と思っていました。


それが漢方治療中に悪化して、排便時の痛みと出血、肛門付近に違和感を感じるようになりました。


いわゆる、いぼ痔ですね。


さすがにこれはまずい・・と肛門科を探したんですが、ちょっと待って!もしそこでもらう薬がアレルギー治療の妨げになってはいけないと思い、とりあえず、恥ずかしいけれど漢方の先生に相談しました。


『何でも相談しなさい』と言われていたので・・でも痔って先生は専門外かなぁと思っていたんです。


すると・・・


肛門科は痛みを抑えるステロイドを出されると思うので、それはダメ。
もうステロイドは使ってはいけない、アレルギーが治らないよ!と言われました。


そして代わりに漢方の顆粒のお薬で、便をやわらかくして排便しやすくしてくれるお薬をもらいました。


排便後はウォッシュレットなどで肛門をやさしく洗って、水分を拭き取ります。


その後もらっている漢方の赤い塗り薬(紫雲膏(しうんこう))を、めん棒でつけるように言われました。



痔が肛門の外に出ていても無理に中に押し込まなくてもいいので、清潔にする&塗り薬をつけるをしなさいと言われました。


これって痔の薬?と思いながらも塗っていると、炎症や傷の治りがすごく早いんです。


ちなみに見てのとおり赤色なので、下着に付かないようパンティライナーをしていました。


紫雲膏って最近は、ネットなんかでも手軽に買えますよね。値段がいろいろあるので、何が違うのかちょっと分からないんですけど。


もともとは火傷に効く漢方薬ですが、子供のケガなんかは洗って消毒してこれを塗っておけば大丈夫です。


料理中の火傷や包丁で指を切った、なんかもこれを使っています。


アトピーのかいた傷を早く治すためにもらっていますが、傷や腫れだったらたいていOKのようですね。


顆粒の痔のお薬(確か乙字湯(おつじとう)だったと記憶していますが、違うかもです)で排便もしやすくなったので、3週間くらいで何の問題もなくなりました。


たまに便秘のことがあるので、一応便秘の漢方薬は常備していますが、痔は全くなんでもなくなりました。


ただそれも、年に数えるほどの便秘なので、普段は1~2日おきで普通に排便できるようになりました。


年に数回って、実はすごく減ったんです。元々は、月に3~4回くらいは便秘だな~って思っていました。


もっとガンコな人もいるとは思いますが。


たまの便秘が、ごくたまの便秘になった感じですね。でも便秘の漢方薬を飲むと、翌朝スッキリします。


でも市販の便秘薬にありがちなお腹が痛くなったり、下痢っぽくなるほど強烈な効き方ではなく、自然にするっと出る感じです。


便秘&産後の痔ってこんな治し方もあるんですよ。


ちなみに先生に恥ずかしい患部を見せることは、ありませんでした。見せてくださいとも言われませんでした。ホッとしました。


恥ずかしがっているのは患者だけで、先生は普通に対応されていました。当たり前ですかね・・・