アレルギーについて

親子でかかる大阪府高槻市の漢方内科『松本医院』の保険適用が変わってその後・・

私と息子はアトピーやアレルギー治療のため、大阪府高槻市にある漢方内科の松本医院に4年かかっています。


2週間に1回の受診を続けていますが、少し前に保険適用が変わりました。


詳しくは別の記事にも書いていますので、よろしければ経緯なども含めて併せてご覧になってくださいね。


保険適用が変わったことから、旧来の患者さんでアトピー治療をしていた人は自費診療になったのです。



■自費診療に変わって約2ヶ月、患者さんが減った気が・・




私の印象ですが、保険適用が変わってしばらくして患者さんが減ったような気がしますね。


息子を連れて行くことも多く幼稚園が休みの土日に行くのですが、あ・・今日は少ないな!って思うことが増えてきました。


けど待ち時間は、前とあんまり変わっていないんですけどね。


先生が保険適用の話を診察室で患者さんにしているので、一人当たりの時間が長くなったようにも思います。


薬は一部保険が効いていたのが、アトピーに関しては全額自費に私も息子もなったわけですから、やっぱり費用の負担は増えました。


松本先生が自費の漢方薬を少し安く出してくれているのですが、それでも月3千円くらいアップしましたね。


保険が効いていた頃でもやっぱり一般の病院と比べて費用は高めですから、さらにアップとなると今まで通っていた人でも他で漢方薬を探したりするんじゃないかとは思います。


同じ薬をもらうなら、安いところ探しますよね。


多分そんな理由で、患者さんが減ったのかな~と個人的には思っています。


近くにある調剤薬局は以前かなり待ったのですが、最近はすぐ薬を出してもらえます。


ここでは保険で出すお薬だけなので、アトピー以外の例えば風邪とか鼻炎とかはここでもらっています。



■調剤薬局でも漢方生薬の販売をはじめましたね

最近、鼻炎の薬を調剤薬局にもらいに行って分かったのですが、松本医院でよく出されていた漢方生薬がその調剤薬局でも販売されていたんですよね。


全く同じ成分かどうかは分からないですけど、名前が同じです。


風邪の時に出される葛根湯や、以前私ももらっていたアトピーの温清飲(ウンセイイン)、鼻炎の時に出される小青竜湯(ショウセイリュウトウ)です。


私が今アトピーでもらっている治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)は、売っていませんでしたけどね。


もしかしてここの方が安いのかな?って思ったのですが、ちょっと話を聞くとやっぱり松本医院でもらう方が安そうだなと私は判断しました。


この調剤薬局だと大人一日分、500円(税込)で出されます。


今出ている3つのお薬はです。


一週間分として3,500円ですし、二週間で7,000円ですからね。


それに、一日あたりで出される量も先生のところの方が多いです。


私はこの多く出されるのが、この漢方治療のミソなんじゃないかなと思っているんですよね。


漢方は確かに効果あると私は思うんですよね。


漢方薬を出す薬局や病院は他にもあるんでしょうけど、その量が少ないというか保険で決められた量だと効きが弱いので効果があまり感じられないというか・・


症状にあわせて薬の量を変えるのは普通のことだと思うんですけど、漢方薬は違うようですね・・


増えると保険外なんでしょうかね。


なんだかな・・と思いながら、最近は通っています。



■自費診療になって先生は患者さんにこう言います

自費診療に変わった患者さんに対しては、『分からないことがあれば、厚生労働省に電話して』と言います。


冗談なのかもしれないですけどね・・


何て言って電話したらいいかも私のような素人は分からないですが、これまでの診療が保険ではNGとなったのですから、まぁどうにもならないのかもですね。


先生もいろいろ思うところはあるようですが、患者の負担を考えてくれているようです。


ただこれまでもらっていた薬だとか、検査だとかが場合によっては出来なくなることもあります。


例えば検査は自費だと高すぎて・・ってなるんですよね。


私も漢方治療は続けたいですし、幸い家からそんなに遠くないので通っていますが、今後は他でも漢方薬ってあるのかちょっと調べてみてもいいかな・・とは思っています。


とはいえ、ただ薬局で薬をもらうだけでは不安なので、やっぱり先生にかかりたいんですけどね。


ステロイドはいくらでも簡単に安くもらえるのに、それが効かない人のことも考えて欲しいものですね。


誰もが効くわけじゃないのにね。


今回は最近、松本医院に通っていて思ったことを書いてみました。


アトピーやアレルギーに悩む人、松本医院に受診を考えている人の参考になればうれしいです。